その1 (昭和52年12月1日~)

昭和52年12月1日

埼玉県立川口東高等学校(仮称)開設準備委員長に松本 哲(上尾高等学校教頭)、準備副委員長に相沢 鎮夫(蓮田高校教諭)、準備委員に阿部 昭雄(蕨高校事務主事)が発令され県立川口高等学校(校長 高島 朗)において開設準備を開始する。


昭和53年3月29日

埼玉県議会において埼玉県立川口東高等学校の設置が議決される。


昭和53年3月31日

埼玉県条例第23号をもって埼玉県立川口東高等学校の設置が公布される。


昭和53年4月1日

埼玉県学校設置条例の一部を改正する条例の施行により、埼玉県立川口東高等学校が開設される。
所在地 川口市大字長蔵新田字中谷 88番地
全日制 普通科 共学 定員270名(6学級)開設準備委員長 松本 哲 初代校長に補される。
校旗を制定する。


昭和53年4月8日

川口市戸塚体育館において埼玉県教育委員会の開校告示が行われ、開校式・入学式を挙行する。
 281名(男175名、女106名)の入学を許可する。

昭和53年4月15日

PTA・後援会・施設拡充期成会設立総会が行われる。

昭和53年4月28日

生徒会総会が行われる。

昭和53年6月1日

校歌制定(作詞 大木 実 作曲 岩川 三郎)。
川口市青木会館において開校記念式・校歌発表会を行い、同日をもって開校記念日とする。

昭和53年6月8日

校舎第1期工事(管理・HR棟)着工する。

昭和53年10月19日

県知事(畑 和)による開校記念植樹が行われる。知事、教育長、環境部長が来校する。

昭和54年3月31日

校舎第1期工事竣工、引渡。

昭和54年4月1日

生徒定員630名とする(14学級)。

昭和54年4月2日

新校舎に移転する。

昭和54年4月5日

体育館兼講堂工事着工する。

昭和54年4月10日

370名(男283名、女132名)の入学を許可する(会場 川口市民会館)。

昭和54年6月7日

54、55年度文部省勤労体験研究校の指定をうける。

昭和54年7月6日

校舎第2期工事(特別教室棟)竣工。

昭和54年9月8日

更衣室、格技室、部室完成。

昭和54年9月18日

グランド、球技コート、整備工事及び撒水装置完成。

昭和54年12月5日

体育館竣工記念式。

 

  ≪その2へ≫