校長のことば

2学期始業式 抜粋

・今年も、制限の多い夏休みとなってしまいました。現状は、1学期よりこれから迎える2学期の方が、数段厳しい状況です。デルタ株は、感染力が強く、若い人たちへの感染が拡大しています。20歳未満の感染者数は、夏休み始まる前の7/14から7/20までの1週間は3450人、全体の15%でした。1か月後、8/18~8/24の1週間は、6.6倍の3万427人で全体の20%を占めています。皆さんは、データや事実に基づいた行動できる「力」を身に付けてください。

 ・この後、担当の先生から2学期を迎えて、再度感染防止対策について話があります。前のような密閉・密集・密接の「3密」回避ではなく、ゼロ密の行動をとらなくてはいけない状況であることを、しっかり受け止めてください。

・さて今日は、イタリアの絵本作家レオ=レオニさんが描いた絵本「スイミー」の話をします。その絵本の内容から、皆さんに2つの事を伝えたいと思います。皆さんの中にも一度は読んだことがある人もいるかと思いますが、その絵本の内容を紹介します。頭の中で、絵を想像しながら聞いてください。

 ・・・・絵本の内容紹介・・・

・この絵本スイミーから、皆さんに伝えたい1つ目。

・2学期が始まります。1週間後には文化祭である東高祭を迎えます。クラス企画の準備では、誰が皆さんのクラスのスイミーですか。みなさんも、自分にしかない特徴を見出し、その特徴を生かし、周りの友達さえも生かす、そして自分の所属する集団を、みんなのためにリードする、そんなスイミーになってください。また、忘れてはいけないことは、スイミーをフォローする赤い兄弟たちの存在です。この兄弟たちがスイミーを支えてくれたから、大きな魚を追い出すことができたのです。みんなも、様々な場面でスイミーになったり、良きフォロアーの赤い魚になってください。

・そして皆さんに伝えたい2つ目。今、新聞やテレビなどでも「いじめ」問題が取り上げられえています。学校という小さな社会の、さらにその中の友達グループというとても小さな集団の中で、お互いの小さな違いを取り上げて、からかってみたり、みんなの言葉で言えば「いじって」みたりして盛り上がっている。本当にくだらなく、つまらないことです。でも、そのくだらなくつまらないことが、やがて仲間外れや暴力へとエスカレートし、ついにはいじめられた被害者を追い込み、心をずたずたにしてしまいます。

・今日紹介したスイミーが教えるように、小さな社会で窒息しているのではなく、視点を変えてもっと大きな面白い世界に目を向けて欲しいです。そして、仲間同士の個性を認め、尊重し、協力し合い、もっと素晴らしいものを創り出すスイミーのような存在になってください。

・自分の特徴を最大限活かし、周囲の人を活かしながらリードできるスイミーになるためには、一人一人が自立することです。

・最後に、2学期もいつもの3つ、

「時間と物の管理、挨拶、周りへの感謝」を忘れず、そして、「感染防止対策」と「命を大切にする」ことも忘れずに、学校生活を送ってください。