活動報告

【柔道部】筋トレMAX測定


 前回、予告したとおり、11/19(水)にウエイトトレーニングのMAX測定を実施しました。
 種目はベンチプレス、ハイクリーン、フルスクワットの3種目です。

 また、今回はHP用として、部員各々の部活動入部して最初のMAX測定から今回の測定
 結果を推移データとして掲載します。

  初回測定日   ベンチプレス   ハイクリーン   フルスクワット
 浅沼(2年)  2013/4/10 30→50 20kg↑ 35→60 25kg↑ 45→75 30kg↑
 山本(2年)  2014/7/31 25→45 20kg↑ 20→40 20kg↑ 70→80 10kg↑
 黒瀬(1年)  2014/4/30 50→70 20kg↑ 55→70 15kg↑ 100→85 15kg↓
 晝岡(1年)  2014/4/30 45→50   5kg↑ 40→50 10kg↑ 65→85 20kg↑
 益子(1年)  2014/7/31 40→50 10kg↑ 40→50 10kg↑ 80→95 15kg↑

 こうして入部当初の測定値と今回の測定値を見比べると、確実に体力の向上になっている
 ものの、柔道の競技特性からみると、まだまだ体力不足は否めません。

 コンタクトスポーツである柔道は「相手を投げる」、「相手の技を防ぐ」といった攻防を試合
 時間中、終始これらをくり返しおこなわなければなりません。
 体力があれば相手より優位に試合が進められ、体力があれば稽古においても最後まで
 集中した練習ができ、自己の柔道を高められるというものです。

 体力の向上は数値として目に見えるものであり、部員達からしてもトレーニングの成果は
 分かりやすいものです。課題解決のために「自分で考える」ことをモットーとして、これからも
 トレーニングを続けていきます。