活動報告

夏季休業中活動報告&食レポ(第1弾)


 夏季休業中、これまでの川口東高柔道部は、少ない人数のなかで基礎・基本の練習を
 中心に、また、筋力トレーニングを重点的におこなってきました。上尾鷹の台高をはじめ、
 浦和高、伊奈学園、川口市合同練習会など校外練習も積極的に参加してきました。

 8/25~27までの3日間は、埼玉県柔道練成大会に参加し、午前は練習、午後は練習
 試合という日程において、これまでの成果を試してきたいと思います。また、初心者の部員
 のデビュー戦ということもあり、顧問のなかではなかなか楽しみなところです。

 運動だけではなく、食事や休養も効果的な体つくりを担っているというのは、最近では常識
 となっており、本校柔道部では食事のしかた「食育」にも力を入れております。そこで、
 さいたま新都心にある四川料理のお店に出稽古に向かいました。辛いものを食べることに
 よって、疲労で弱った胃腸を刺激し、食欲を活性化することで本来の体調を維持するという
 のが狙いであります。顧問も夏休みに入ってから体調を崩し、食欲を一時失っていたため、
 (ほんとうですよ)暑気払いをかねて来店していました。

 

 

 

 この出稽古を通じて、試合前に伝えたかったことがあり、それは、
 「柔道の試合はそんなにあまいものではない」辛い(つらい=からい)ということ。

 

 二人ともしっかりと完食して、試合にむけて準備は万全です(笑)。