活動報告

柔道部

夏季休業中活動報告&食レポ(第1弾)


 夏季休業中、これまでの川口東高柔道部は、少ない人数のなかで基礎・基本の練習を
 中心に、また、筋力トレーニングを重点的におこなってきました。上尾鷹の台高をはじめ、
 浦和高、伊奈学園、川口市合同練習会など校外練習も積極的に参加してきました。

 8/25~27までの3日間は、埼玉県柔道練成大会に参加し、午前は練習、午後は練習
 試合という日程において、これまでの成果を試してきたいと思います。また、初心者の部員
 のデビュー戦ということもあり、顧問のなかではなかなか楽しみなところです。

 運動だけではなく、食事や休養も効果的な体つくりを担っているというのは、最近では常識
 となっており、本校柔道部では食事のしかた「食育」にも力を入れております。そこで、
 さいたま新都心にある四川料理のお店に出稽古に向かいました。辛いものを食べることに
 よって、疲労で弱った胃腸を刺激し、食欲を活性化することで本来の体調を維持するという
 のが狙いであります。顧問も夏休みに入ってから体調を崩し、食欲を一時失っていたため、
 (ほんとうですよ)暑気払いをかねて来店していました。

 

 

 

 この出稽古を通じて、試合前に伝えたかったことがあり、それは、
 「柔道の試合はそんなにあまいものではない」辛い(つらい=からい)ということ。

 

 二人ともしっかりと完食して、試合にむけて準備は万全です(笑)。
0

『新入部員』増員しました!


 柔道部に新たな仲間が2名、加わりました。

 この2名の将来の夢が「体育教師」と「警察官」と聞いた柔道部顧問は、夏休み前から柔道
 部への勧誘をしてきました。仮入部の期間を経て、ようやく本入部いたしました。

 どの生徒にもそれぞれの『夢』はあるとおもいますが、夢実現にむけて学力もそうですが、
 特に自分を磨くことがもっとも大切であると考えます。それには誰でもできるようなことでは
 他とは変らず、誰もができないようなことを努力して行うことが他より目立つ、すなわち、光り
 輝くことと思います。

 この2名は初心者で、これから多くの困難がありますが、夢実現のため「初一念」を貫いて
 もらいたいと思います。

 
0

収穫しました!


 このプチトマトは1年生が入部した4月上旬に種をまいて、生徒の成長と実りある充実した
 活動を祈念してこれまで育ててきました。

 毎日、水をやり、芽がでて、葉がひらき、青い実がなって、最近になりようやくに赤く熟して
 きました。まったく生徒の成長もおなじものです。プチトマトたちのほうが早かったですが…。

 そして今日収穫をむかえ、このあとみんなでおいしくいただきました。







 つぎはゴーヤかな(笑)
0

試合結果報告


インターハイ県予選会(団体戦)が6月20(金)、21日(土)に県立武道館にておこなわれました。川口東高校は初戦に越谷西高校と対戦しました。詳細は下記のとおりです。

     【川口東高校】        【越谷西高校】
 先鋒  浅沼(2年)  引き分け    (3年)
 次鋒  晝岡(1年)  一本勝ち    (2年)
 中堅  小池(1年)  一本負け    (2年)
 副将           不戦負け    (3年)
 大将           不戦負け    (2年)

 川口東の作戦としては、3人の選手登録であったため、先鋒と次鋒を勝ち、中堅戦では
 神様にお願いする予定でしたが、先鋒戦で緊張していたせいか普段の勢いなく引き分けに 
 なり、次鋒戦では、落ち着いて払い腰(技有り)からのけさ固めで一本勝ちをし中堅戦へ。
 中堅1年生小池は、4月から本格的に柔道を始めた初心者で、体格・経験的にも不利な
 相手でしたが、果敢にせめて、ときには勝ちを期待させる技もありましたが、相手の払い腰
 で見事に一本負け。結果は1対3で敗戦しましたが、1年生にとっては、今回の悔しさや
 課題を糧に秋の大会に向けて頑張ることのできる収穫のある試合でした。
0